Orbi Yokohama (オービィ横浜)のコスパやいかに!?

2017.08.18

ずっと気になっていた『Orbi Yokohama(オービィ横浜)』。入場料の他に、エキシビジョンによってはそれぞれお金がかかるらしいのですが、この度なんと!パスポートチケット(入館料+フリーパス)をもらったので喜び勇んで行ってきました。

横浜にあるMARK ISみなとみらいの5Fにあります。

横浜三井ビルディング

動物がお迎え。テンション上がります。どんなところかと言うと…

 大自然を全身で感じる、エンタテインメント型ミュージアム
 人類が初めて体験する地球。大自然超体感ミュージアム。その名は「Orbi(オービィ)」高い技術力とアイディアで、革新的エンタテインメントを追求してきたセガ。地球上の生命の姿や自然の神秘を、驚異の映像力で捉えてきた、BBC Earth。
 
 Orbiは自然界の素晴らしさを称えるために生まれた、2社による初の共同プロジェクトです。大自然の神秘を全身に感じ、臨場感あふれる体験を楽しめるまったく新しい形のエンタテインメント型ミュージアム。

(出典:Orbi Yokohama公式サイト

というわけでいやがうえにも期待値が急上昇します。

入場料は大人800円で、中でエキシビジョンを見る場合はそれぞれ300円~500円かかるものもあります。パスポートを2,000円で買えば入場料も中のエキシビジョンも無料。年間パスポートは4,500円とのこと。
※2017年8月時点

Orbi Yokohama(オービィ横浜)の館内

広がる映像。所定の位置に立ち泳いでいる魚や亀にポイントを合わせると説明が出たりします。

Orbi Yokohama(オービィ横浜)の館内

これもプロジェクションマッピング(?)で、白い物体に映像が映し出されています。

Orbi Yokohama(オービィ横浜)の館内

ジャングルを飛んでいるかのような映像が広がります。

Orbi Yokohama(オービィ横浜)の館内

右上の部分も映像。

以上の画像はいずれも無料エリア。他にも(パスポートを持ってなければ)有料エリアとしては…

ワイルドジャーニーエレファンツ

ワイルドジャーニーエレファンツ

(出典:オービィ横浜公式サイト)

過酷なアフリカ大陸を生き抜くアフリカ象を体感する「ワイルドジャーニーエレファンツ」

4Dシアター マウンテンゴリラ

(出典:オービィ横浜公式サイト)

貴重な野生のゴリラを立体的に体感できる「4Dシアター マウンテンゴリラ」

極寒体験マウントケニア

(出典:オービィ横浜公式サイト)

日中は約25℃、夜には約マイナス20℃というケニアの気温差を体感できる「極寒体験マウントケニア」

キッズプレイグラウンド メガバグズ

(出典:オービィ横浜公式サイト)

昆虫サイズになったときの空間をテーマにした、子供が遊べる「キッズプレイグラウンド メガバグズ」

アニマルスタジオ

(出典:オービィ横浜公式サイト)

動物たちと触れ合える「アニマルスタジオ」

などなど。

いろいろあります。とても楽しめました!

無料だったから。

これが家族3人で行って、子供が2歳なので無料として、夫婦でパスポート買って4,000円だったと思うと...絶対リピートはないし、人にもおススメしないかなという感じ。よく言えば、ショッピングモールにはない近代的なアミューズメント施設。悪く言えば、地方の科学館。

有料エリアに入る前に、係員の方がオーバーリアクションで説明してくれます。面白おかしく、盛り上がるように。USJとかディズニーの係員にも負けないくらい。それはスゴイと思いました。ただ、それが逆に有料エリアの期待値を上げ過ぎる気がします…。有料エリアも、これで〇〇円か…と思う感じ。特にメガバグズ。

アニマルスタジオにいたっては、このブログを書くためにオービィのホームページを見て初めて、「え?こんなところあったの?!」と気付いたくらいです(笑)上の階があるとは…。

触れあえる動物という点では「野毛山動物園」の方が圧倒的にオススメ。コスパ的にも(公営の無料動物園と比べたらかわいそうですが…)。次世代のアミューズメント施設という点では、ららぽーと湘南平塚の「チームラボアイランド」の方が楽しいかもしれません。行ったことないですが…。クチコミや行った人の感想をもとに。

Orbi Yokohama(オービィ横浜) 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号 MARK IS みなとみらい5F(みなとみらい線みなとみらい駅直結)
駐車場:有料 ※MARK IS駐車場利用(Orbi利用で最大3時間無料)
ホームページ:http://orbiearth.jp/