ホームページ制作会社の選び方(6)~相見積もり編~

2017.04.22
ホームページデザイン会社の選び方:相見積もり

ホームページ制作を始めとする、フライヤー(チラシ)や名刺、ショップカード、スタンプカード、ポスター、看板…etc.のデザインって、もちろん相場はありますが、言い値のような世界です。スーパーのように出来上がった大量生産の商品が並べられているわけではなく、お客様一人一人に沿った受注生産になります。だから正直、ピンキリの値幅があるのが実情です。自称デザイナーでも、知らない人から見たら分かりませんしね。

そんな雲をつかむような状態から、ホームページ制作でどの会社にするか選ぶ重要な決め手の一つに相見積もり(合い見積もり)があります。

必ず何社かに、同じ条件で見積もりを出してもらう

最近、個人的に引越しをしましたが、4月の繁忙期だったため引越し比較サイトで一括見積を出してみました。そうすると会社によって20万(大手)だったり、18万(大手)だったり、13万だったり、8万だったり…。結局、8万の会社を選びました。ただ気を付けていただきたいのは、引越しもそうですが、ウェブ制作も安かろう、悪かろうがありますので、安い!だけで選ぶのは危険です。別の要素も加味した上で決定して下さい。

そして複数社に見積もりを出す場合は、“必ず同じ条件で”出してください。当然ですよね。会社によって納期や内容を異なるもので依頼したら金額は変わりますので。では、相見積もりをした時の判断条件をいくつか列挙いたします。

①スピード感

見積もりの返信に3,4営業日かけるような会社は回避しましょう。とても複雑な案件・仕様で算出までに時間かかる場合でも、「これこれこういう理由で見積もりにお時間がかかりますので、いついつまでお待ち下さい」と、まず連絡してくる会社なら安心。
見積もりレスポンスの早さが、その会社の仕事の早さだと思っています。少なくとも個人的には。

何かを作ったりする時、相見積もりをするようにしていますが、たまに1週間近く経った頃にメールで「何度かお電話しましたが、お出にならないようなのでメールでご連絡いたします」という会社を見受けます。
いやいや、、、絶対電話来てないし。
電話番号も合ってるし。
そもそも見積もりだから履歴残るように紙 or メールで下さいよ…。

相見積もりした複数社の中で圧倒的に印象が悪いですよね。

②丁寧な個別回答

ホームページ制作や、その他デザイン制作の見積もりは、内容によって大きく変わるので見積もりを作るだけでちょっとした時間がかかります。その手間を惜しんで、テンプレート回答をするような会社は避けましょう。

やはりお客様それぞれにご要望は異なります。お客様の意図をくんで、丁寧に金額を提示する会社は良心的です。それが結果、高くても。

なんでも「出来ます」といってうやむやに進めようという会社ではなく、「それは出来ません。ですが、こういう案ならいかがでしょうか?」と代案提示してくるような会社を選びましょう。制作会社もビジネスなので、露骨な値引き対応されると断らざるを得なくなりますが、納得できるような代案提示をしてくる会社なら、実際の仕事でも幅広い提案をしてくれる(可能性が高い)です。

③誠実さ

相見積もりで会社を絞ったら電話してみるのも手です。

百聞は一見にしかずですが、百メールは一電話にしかずです。文章だけのメールよりも、どれだけ誠実に対応してくれるかが伝わります。

制作会社の立場からしても、文章で説明しきれない細かなニュアンスをお伝えできます。逆に、話してみると、お客様自身も希望を細かく伝えられるので、メールで言わんとしていたこと正確に伝わりやすいです。制作会社がお近くの場合は、是非一度直接会ってみて下さい。



特に相手の顔も見えない・声も聞こえない、電波越しの相見積もりです。お客様が会社の力量を判断する要素は、見積もりの中に詰まっています。是非、吟味してみて下さい!

■ホームページ制作会社の選び方(1)~会社編~

http://kaba-design.jp/newspost/2764/

■ホームページ制作会社の選び方(2)~自社サイト編~

http://kaba-design.jp/newspost/2853/

■ホームページ制作会社の選び方(3)~制作体制編~

http://kaba-design.jp/newspost/161227/

■ホームページ制作会社の選び方(4)~担当者編~

http://kaba-design.jp/newspost/170304/

■ホームページ制作会社の選び方(5)~サポート体制編~

http://kaba-design.jp/newspost/170323.html

■ホームページ制作会社の選び方(6)~相見積もり編~

http://kaba-design.jp/newspost/170422.html