マタニティマークより普及することができるか?!

2017.02.15

妊婦さんがつけているマタニティマーク。これをつけていると電車や交通機関で優先席に座れたり、席を譲ってもらったりと周囲の人が気を遣ってくれたりします。
が、しかし中には、マタニティマークをつけている人に暴言を吐いたり、押したりなどの嫌がらせをする人もいるそうです。そしてそういう事例がSNSなどで広がり、より妊婦さんがマタニティマークに恐怖心を抱き、面倒を避けて最初からつけないという人が増え・・・という悪循環になっているようです。

そんな面倒を回避すべく、譲る人も譲られる人も気持ちよく意思疎通が取れるアプリ「Babee on Board」を、イギリスの会社がリリースしました。

Babee on Board

(出典:Babee on Board公式サイト)

Babee on Board

これはスマートフォンアプリで、席を譲りたい人と妊婦さん用で2つに分かれています。
Babee on Board: Offer Seat
席を譲りたい人用のアプリで、無料でインストールできます。

Babee on Board: Request Seat
妊婦さん用のアプリで、インストールに480円(3.99ポンド)かかります(偽妊婦を装う人を排除するための課金?)。このアプリの売上は全額「PROJECT HEALTHY CHILDREN」という世界で最も知られたチャリティの一つに寄付されます。


妊婦さんがアプリをタップすると、近くにいる譲りたい側のアプリをインストールした人に通知がいきます。これならスマホや読書で下を向いていても気付くことができるので便利。
そして何より、譲りたいという意思表示をしている人だけに通知されるので、常にマタニティマークをつける必要もなく、妊婦さんも安心できると思います。早く通知が来ないかな~。

ホームページやペーパーデザインでお悩みの方は、どこも同じと思わず諦めないで下さい!
『かばのデザイン』なら違いが分かります。気軽にお問い合わせ下さい。
横浜のホームページ制作会社『かばのデザイン』 24時間いつでもお問い合わせ   050-3703-6261